いじめ問題

DSC_0180_convert_20120713193907.jpg
今日の夕方、下川端にある取引先へ書類を届けに行きました。
行きは山笠規制で大渋滞。
覚えてたら違う道を通ったのにうっかりしてました。
帰りは規制も解かれ櫛田神社前もこの通りスイスイ。




DSC_0181_convert_20120713193932.jpg
いよいよですね。




山笠終わったら梅雨も明けるでしょうね。
例年のごとく。




ところで今日はいじめ問題について思うところがありました。
今回の大津市の事件は、教育委員会の姿勢を浮き彫りにしたものだと感じます。
警察の捜査が入ったのは当然だと思います。
過去の、そして全国のいじめによる自殺も、警察の介入があるべきだと感じていましたので、『やっとですか?』と思うくらいです。
人が死んでいるんですから。

娘の小中学校時代も、私は父兄の立場で、その担任の先生に質問したことがあります。
私は学校内の事情や出来事をを知る機会が少ない方だと思いますが、PTAの役員を経験することがあり『いじめ』と思われることを見聞きしたので、ある機会に『先生はどうやって解決されるおつもりですか?』と訪ねてみました。

するとその先生『いじめ』があるとは思っていないと答えたんです。
情報の少ない私よりももっと詳しく知っているはずなのに。

それで、本当に知らないのならばと、実際に見聞きしたことを伝えると、それは知っているけどいじめではないでしょうと言うんです。
とぼけているのか、そういう風に答えるよう教育委員会の指導があっているのか。

一つ一つ話を詰めていくと、『仮にいじめがあるとしても私はやるべきことをやっています。』
『どういうことでしょうか?これ以上は何もやらないのですか?』
『はい、やるべきことはやりました。』
『いや、現にまだ続いているわけだし、いじめが終わるまではやることがあるんじゃないですか?』

…と、まあそんな会話でしたので、こんな先生で大丈夫だろうか?と不安になったものです。


いつもテレビで見る教育者の回答も、明らかにいじめの痕跡があり、そのいじめがなければ自殺もなかったはずの事件で、『いじめはない。いじめがあっても自殺の原因ではないと考えている。』との発言ばかり。
教育者として正しい道を選択するべきなのに、ごまかし保身の言葉しか出てこない。
いじめによる自殺の可能性を調査しようとする姿勢があってしかるべきではなかろうか。
百歩譲っていじめに気付かなかったとしても、いじめに気付かない無能な教育委員会に教育者としての資格は無い。



自殺した生徒の辛かった心情、どんな思いで自殺したかを思うと、やりきれない。




その生徒の気持ちを少しも考えず、自分の保身しか考えない教育者。
アンケートで分かった真実をなぜに隠したのか。
常套文句はもう通用しないことを分からせてあげたい。



どこの事件でも同じような発言が出てきます。。
現に、身近なところで私も遭遇しました。
教育委員会は、組織を一新して生まれ変わるべきです。
正しい道を進む教育者で組織を作り直してほしい。
仮に事件が起こった時に、正しい発言をする教育者が表れてほしい。






無念です。切に願います!






人気ブログランキングへ
正しくクリック





福岡・佐賀の任意売却とご相談は...
ロケーションズ
http://www.locations.jp
0120-4696-28(フリーダイヤルはシロクロニンバイと覚えてネ)
スポンサーサイト

テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

み~さん

Author:み~さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Pika_Mouse
powered by
3ET
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード